スプーンもデジタル化

2012/1/10 (火曜日) | Filed under: 徒然日記

お菓子やパンをよく作る私にとって、材料の重さを量るための量りや計量スプーンは必須アイテム。料理の場合はそれほど神経質にならなくても、味が大きく変わったり失敗してしまったりすることはあまりありません。

それがお菓子やパンとなると、たかが1gされど1g。その微妙な差が仕上がりを決めるといっても過言ではありません。1gまで正確に量るには、本当なら1g単位の重さがわかるデジタルのスケールがほしいところです。でも我が家にあるのは、5g単位のメモリしかないアナログの量り。

レシピに3gとか7gとか半端な数字が記載されていたら、本当に困ってしまいます。もうそれは、勘に頼るしかありません。粉類なら、小さじや大さじが何グラムかわかる場合もあります。でもそれも、やっぱり何となく。小さじ1杯分で3gだと思っていても、実際は2gしかない可能性も考えられます。

手順も材料もレシピ通りで作ったのに、失敗してしまうことも少なくありません。混ぜ方が悪かったわけでもないし、失敗の原因として思い当たることはない。そんなとき私は材料の量り方が悪かったのだと、量がアナログであることのせいにしてしまいます。

3gのつもりだったけど、1g多かったり少なかったりしたのかもしれない。なんといってもお菓子やパン作りの基本は、材料を正確に量ること。それがちゃんとできていないのだから、失敗して当たり前…。

それならさっさとデジタルのスケールを買えばいいのですが、アナログのもまだ使えるのでなかなか購入に踏み切れません。

私が量をデジタルに切り替えられずにいるうちに、計量スプーンまでデジタル化してきているようです。量りたいものをすくうだけで重さがわかるというのだから、これはとても便利!ゼヒほしいなぁ…。

back to top

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

back to top